ジャイサルメール周辺

<HOTEL FIFU JAISALMER
HOTEL FIFU JAISALMER

ジャイサルメール周辺の遺産巡り

ラジャスターンのゴールデンシティであなたは感動するでしょう。美しさなどを感じるためにも訪れなければいけない場所の一つのため、それは言葉として説明するのことが難しいです。それではおとぎ話のシーンを想像して見ましょう。丘の上にある黄色い砂岩の砦、すばらしい建物、明るい色の服と遠い砂丘の現住民。自分の人生において過去に何があっても不思議な場所です。いくつかの街はジャイサルメールを王室のように感じています。

それほど大きくないジャイサルメールの街はどこでも歩いてアクセスしやすいですが、トュクトュクを使えば便利ですし経済的です。ジャイサルメール周辺であなたが完璧な1日になるように手伝うことができて私たちは幸せです。そのジャイサルメールではあなたの旅を最大限に楽しませてくれる魅力があります。

まずはジャイサルメールの砦を一望できる屋上のレストランで朝食をお楽しみください。朝食を食べたあとはゆっくりと砦まで歩いてみてください。信じられないかもしれないですが、それは遠くから見た絵のように近いです。そして周りをさまよったり、曲がりくねった道で迷いながら時間を過ごします。ジャイサルメールの砦はあらゆる場所で人生を揺るがしています。今でもたくさんの人が砦の中に住んでいます。砦の中には様々なお店やホテル、レストラン、観光スポットがたくさんあります。次の場所を訪れて見てください。

HOTEL FIFU JAISALMER INDIA

フォートパレス(毎日AM9:00〜PM6:00)

これはジャイサルメールの前の統治者の住宅です。あなたは入場券を購入すればほんとんどの宮殿に入ることができます。宮殿の見所は次の通りです。Mulraj Ⅱの鏡や塗装されたベットルーム。15世紀の彫刻のギャラリーや屋上から街全体の壮大な景色をご覧いただけます。

HOTEL FIFU JAISALMER INDIA

ジャイナ寺院(ジャイナ教以外の方は正午まで)

砦の中には15世紀から16世紀に建てられたジャイン寺院が7棟あります。砦の残りの部分として、彼らもまた黄色い砂岩で作られ複雑な彫刻で飾られています。サンバハヴェンスには1500年に地下に建てられた古代の図解された写本を含む図書館があります。

HOTEL FIFU JAISALMER INDIA

ラクシミナラヤン寺院

この寺院はヒンドュー教のためだけに建てられました。それは女神ラクシミ(富の女神)とその仲間のヴィシュヌ卿に捧げられています。それはジャイン寺院より単純ですがまだ興味深く見ることができます。

砦の中の全ての観光スポットを訪れたあと、たくさんあるレストランの中の一つで昼食をとることができます。ジャイサルメールは小さくても観光に適しているため,お客様は西洋料理もインド料理も両方見つけることができます。砦の外を歩くともっとすばらしい建物を見ることができます。まずはハヴェリス(伝統的な家)を訪れてみてください。

パトワ・キ・ハヴェリ(毎日AM9:00〜PM6:00)

もしお客様がハベリを一つしか訪れないのであれば、最も美しいここを訪れるべきです。5人の兄弟によって1800年〜1860年の間に建てられました。裕福なジャイサルメールの人々の過去の生活を垣間見ることができます。

ナスマル・キ・ハヴェリ(毎日AM8:00〜PM7:00)

今でも部分的に住んでいるこのハヴェリはかつて首相の家でした。この家は19世紀の間に競争した2人の兄弟によって建てられました。その結果、ジャイサルメールで最も精巧なハヴェリの建物になりました。

1日の中で建物を見たりするのに限界に来ても、カラフルなバザールをよく見て自分の交渉する技術を試すことができます。ここの商人は交渉の術のプロですが、よく粘り笑顔でいることで普通、割引してくれることに気づいてください。

HOTEL FIFU JAISALMER INDIA

ガディザー湖

日没を見るためにトュクトュクを捕まえるか歩いてガディザー湖に向かってください。もし時間がある場合は、途中の砂漠文化センターで止まることができます。また、PM6:30〜PM8:30だったら毎日人形劇がやっているので訪れて見てください。ガディザー湖はジャイサルメールの最初の統治者によって建てられ、街全体に水を供給していました。夕日を見たり、池の周りを散歩したり、ボートに乗ったり、池の周りの神社やチャットリス、ギャッツを楽しむことができます。

ガディザー湖はホテルから2kmもないほどの所にあります。辺りが暗くなってからは屋上で夕食を食べたり、飲み物を飲んだり、ただ単にリラックスしてくつろぎながらライトで照らされるジャイサルメールの砦の景色をお楽しみいただくことができます。私たちはお客様の質問にいつでもお答えいたします。なんでも気軽にご相談ください。ジャイサルメール周辺の公式のガイドが

いますので、お客様はジャイサルメールの美しさを感じるだけでなく豊かな歴史に感謝し理解することができます。経験豊富なガイドのチームはヒンディー語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語を流暢に話すことができるので、私たちの街とお客様の文化を分かち合えるでしょう。